【浄土真宗の葬儀】香川県では馴染みのない勤行もあります|讃岐寺

葬送儀礼」とは、お葬式に関するすべてのことであり、「葬送に関する儀礼全般」のことであります。

お葬式の時には、何度もお勤めがありますよね。

そのすべてを挙げてみましょう。

臨終勤行
納棺勤行
通夜勤行
出棺勤行
葬場勤行
火屋勤行
収骨勤行
還骨勤行

葬送儀礼それぞれの意味は?

臨終勤行

「臨終勤行」とは、いのち終えていく時に臨んで、故人自身が阿弥陀さまへの御恩を報謝のために執り行う勤行であります。

しかし、故人が勤行することは不可能なため、僧侶が変わって親族とともにお勤めをします。また、故人の枕元で勤行されるため「枕経」と言われることがありますが、正式には「臨終勤行」と言います。

納棺勤行

「納棺勤行」とは、ご遺体を棺に納めた後に執り行う勤行であります。

礼拝の対象は故人ではなく、棺中に納められる「南無阿弥陀仏」の六字が書かれた「納棺尊号」です。

故人も、遺された者も、ともに尊号となってあらわれている阿弥陀さまに導かれていることを思わせていただく御縁であります。

通夜勤行

「通夜勤行」とは、葬場勤行までの夜毎に、親近者をはじめ、有縁の人々で、ともに夜を通して執り行われる勤行であります。

生前の故人を思い出しつつ、厚情に感謝しつつ、ともに阿弥陀さまに抱かれていることを思わせていただく御縁であります。

出棺勤行

「出棺勤行」とは、ご遺体を納めた棺を葬場に送り出すにあたって執り行われる勤行であります。

なお、同じ場で、「出棺勤行」に続いて、次の「葬場勤行」が執り行われることが多くなっております。

葬場勤行

「葬場勤行」とは、有縁のものが集まり、葬場において執り行われる勤行であります。

この葬場勤行が、一般的には「お葬式」と言われており、葬送儀礼の中心と捉えられている儀式です。

なお、弔辞・弔電の披露は対象を故人とされていますが、葬送儀礼の対象は阿弥陀さまです。ゆえに、本来ならば、弔辞・弔電の披露と葬送儀礼は区別されなくてはなりません。

火屋勤行

「火屋勤行」とは、火葬場において、ご遺体を火葬する前に執り行われる勤行です。

収骨勤行

「収骨勤行」とは、収骨した後に、火葬場において、御本尊の前で執り行われる勤行です。

還骨勤行

「還骨勤行」とは、火葬場から遺骨を持ち帰り、御本尊の前に置き、御本尊に対して執り行われる勤行であります。

これらの勤行を、まとめて「葬送儀礼」といいます。

葬送儀礼は私のためのご縁です

「葬送儀礼」全体に一貫して、「私が仏法を聞くためのご縁」であることがわかるでしょう。

「故人のため」と思って務めるご縁は、そのまま「私のため」のご縁であります。

讃岐寺では、故人の命のご縁を無駄にしないためにも、ご利用者様全員と私たちのための葬送儀礼のご縁を大切にします。