【浄土真宗は法名】讃岐寺では葬儀の際に法名の意味合いを配布します

浄土真宗では「戒名」ではなく「法名」を授かります

「法名」という言葉を聞きなれていない方は多いように思います。

きっと、浄土真宗の多くのお坊さんが、

門徒様門徒様

うちの「戒名」はなんて読むのですか?

と尋ねられたことがあるでしょう。

しかし、浄土真宗では授戒しないので戒名を授かりません。

仏弟子としてお釈迦様の「釋」の字を賜り「釋〇〇」という法名を授かります。

法名は生前中に授かるのが本来のカタチです

法名の意味合い

浄土真宗における「法名」(ほうみょう)とは、仏弟子となった名告りである。故人に対して贈られる名前と誤解されることも多いが、正しくは生きている間に三宝に帰依し、仏弟子として生きていくことを誓い授かる名である。

Wikipediaより引用

仏弟子になるのは命を終える時ではありませんので、法名を授かるのも命を終える時ではありません。

本来は、元気に過ごしている今、本山に申し込んで授かるのが法名です。

命を終えるときに僧侶が授けるのは緊急処置です。

※忙しい日常を過ごし、法名を授かる余裕がないかも知れませんが、本山で授かることをお勧め致します。

讃岐寺では法名の意味合いを書いた紙を必ず配布しております

ご遺族の方々に意見を聞いて配布するようにしました。

以下の2点が主な理由です。

法名の読み方がわからない

意外にも、法名の読み方を教えていないお坊さんが多いようです。

法名はずっと残りますので、読み方は大切です。

讃岐寺では、法名にフリガナを入れた「法名授与証」をお渡しするようにしておりますのでご安心ください。

法名の意味がわからない

また、葬儀後の初七日法要の時に法名の意味は必ずお話しております。

しかし、初七日法要の時には疲労しておられる方が多いのが事実です。

法名授与証」にも法名の意味を記載しておりますのでご安心ください。

法名を通して、仏様のお救いを味わうことができれば素敵なことだと思います。

ずっと残る法名だからこそ、仏様の救いが含まれた意味合いも大切に

生前の名前は世代が変われば忘れることがあるかも知れません。

しかし、法名は過去帳に記載されますので永久的に残ります。

だからこそ、法名の意味合いは非常に大切です。

讃岐寺が法名を付ける時には、必ず仏様の救いを感じられるような意味合いを含ませております。

このブログをお読みの皆様も、皆様の菩提寺(檀家になっているお寺)に法名の意味合いを作成していただくべきだと思います。

それが僧侶としての最低限の活動ですので、快く引き受けてくださると思います。