【浄土真宗の御布施】「御布施」「御仏前」と書けるのは尊いことです

浄土真宗では「御布施、御仏前」と書くのが一般的です

門徒様門徒様

なんで「御礼」って書かないの?

そう聞かれることがあります。

お参りに来られた僧侶へ「ありがとう」という気持ちで渡すならば「御礼」と書くのは不思議ではありません。

しかし、お布施は僧侶へのお礼ではなく、仏様への感謝の想いで捧げます。

ですので、僧侶は御布施をいただく時に、

お坊さんお坊さん

お預かりさせていただきます

と言うことが多いです。僧侶には、お預かりした御布施によって仏法を伝えるために尽くすという想いがあります。

だから「御仏前」という仏様へ向けた言葉を記します。決して、僧侶が贅沢をするために御布施を預かっているのではないことをご理解いただければと思います。

法事の時には僧侶も布施を行っております

布施行には、「無財の七施」といった財産以外の心に焦点をあてた布施もありますが、基本的には「三施」といって、三種類の布施行が説かれる場合が多いです。

「法施」  法を説くこと
「財施」  財物を施すこと
「無畏施」 怖がる必要のない安心を与えること

このうち、一般的な金封の御布施は財施にあたります。

そして、法事の際の僧侶の説教は法施にあたります。

つまり、御布施は僧侶に支払われますが、仏様へのご恩に報いる気持ちで行われる財施という布施行であり、僧侶の法話もまた、仏様へのご恩を味わい、一人でも多くの方とよろこんでいこうという心持ちで行う布施行であります。

「御布施」「御仏前」と書けるのは有難いこと

以上に述べてきました通り、「御布施」「御仏前」の対象は仏様です。

もしも、僧侶に向けて支払う金銭ならば、

お年寄り夫婦匿名 右

お寺さんって商売みたいで嫌だなぁ

という気持ちが湧き上がってしまうかも知れません。

しかし、すべての命をお救いくださる仏様への感謝の意味ですので、余計な蟠りを感じづらいと思います。

仏様を中心とした仏事を勤め、仏様を中心に「御布施」「御仏前」させていただく。僧侶とご遺族の区別がないように勤められる有難さをともに実感させていただきましょう!